肥満を改善させる!噂の肥満対策は!

男女問わず、今では、肥満は社会問題の1つになっています。

もちろん、肥満ですと見た目も悪いですし、
健康に関しても様々な問題が出てくるでしょう。

場合によっては、早急に痩せなければいけない人もいます。

そこで、このサイトでは、肥満を改善させる為に、肥満対策などを
お伝えしていきます。

では、自分は今どのぐらい肥満なのか?

先ずは、知っておく必要がありますので、肥満の判定方法の1つをご紹介します。


bmi値って何?

ダイエット関連の情報をネットで検索すると、「bmi」という言葉がよく出てきますが、あなたは、この「bmi」ってご存知でしょうか?

1999年にWHOが基準となって、発表されたのが

「Body Mass Index」

これを略して「bmi」と呼んでいるのですね。

これは、ダイエットをする時の基準にもなるのですが、肥満度を
判定する為にも使われています。

また、bmiが基準となる以前には、標準体重を基準として肥満を
解消する為にダイエットを行うようにしたり、糖尿病の治療も行われて来ました。

ところが、このbmiが基準となってからは、多くの医療機関などで
用いられるようになっています。

ちなみに、このbmiは身長と体重さえ判れば、簡単にbmi値を
知ることが出来ます。

その計算式ですが・・・

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

と至って簡単な計算です。

そしてbmi値の理想な数値が22となっています。

ですが、この22と言う数値であればスタイルが良いというわけではありません。

これはあくまでも目安で、今までの統計的に見ても、最も生活習慣病に
なりにくい健康的な数値と言うことなのです。

また、国によっても食生活や生活習慣が違いますので、多少標準値も
変わっているようです。

日本では数値だけで見た場合は・・・

・18.5未満は痩せ型
・18.5以上25未満は普通型

・25以上は肥満型

このようになっています。

もし、bmi値が25を超えていると、普通の人よりも生活習慣病にかかる
リスクが2倍になるとも言われています。

さらに、bmi値が30を超えてしまった方は肥満症と診断されます。

このような事態になってしまうと肥満を解消するための治療が必要になります。




「bmi値」いかがだったでしょうか!

おそらく、あなたもbmi値と言う言葉ぐらいは聞いたことがあるでしょう。

計算するのは簡単ですので、実際にbmi値を測ってみましょう。

そして、25以上の方は、いわゆる肥満ですので、対策を行わなければいけません。

自分のスタイルをよく見せるのは、もちろん、健康の為にも肥満を改善さましょう。